楽観的だと生きるのが数倍楽になるっぽい

  • 私にはとても楽観的な友人がいる。

    楽観的…というと呑気そうな、
    ちょっと軽いイメージがあったりするが、
    そういう感じではなくいい意味で楽観的なのである。




    私のように細かいことを気にしたりせず、
    嫌なことがあってもすぐ忘れるのだという。

    もちろん、だからといって悩みがないわけではないが、
    あまり細かいことをウジウジと考え込むのが苦手らしく、
    嫌なことがあってもしばらくすると忘れてしまうのだとか。




    私から見ると、とても羨ましい。

    精神的な病気を患う人って、
    少なからず性格に同じような傾向がある。

    生まれつき…とまでは言わないが、
    幼い頃に身に付いた考え方の癖や性格が、
    将来的に心の病気に結びつくことは少なくはない。

    私自身が良い例だ。




    何か見習うところないかと
    その友人に色々聞いてみるのだが、
    ものの考え方や行動の仕方が私とは全く違うようで、
    さっぱり参考にななかった。

    友人の言うところによると、
    悩んだり嫌なことがあったらやだなあと
    思ったりすることはある。

    でも多分、ものすごく落ち込むようなことが
    あったとしても、自分は精神的な病にはなれない性格なのだと思う、と。

    なんとなくわかったような、
    わからなかったような。